保育士の資格|仕事探しも時間を上手く使いながらこなす

子供を健全に育てる注目の方法を学ぶ

実践で活かす

実技試験の対策をどうするか

独学で保育士の資格を取るとなると、自分に合った参考書や問題集を探すことですら、たくさんある中から見つけることになりますので、調べる時間も集める手間もかかります。通信講座を利用すると、自分で資料を集める時間も省くことができるので、いち早く勉強に取り組むことができます。 筆記試験は、テキストを熟読して問題に慣れることでクリアできるしょう。問題は、実技試験です。通信講座などを利用すると、実技試験対策のDVDがついていたりもしますが、対策を考えなければなりません。 保育士に求められることは、ピアノを弾きながら歌を歌うことです。乳幼児相手ですので、伴奏ではなく弾き語りが求められます。子どもが歌う歌をピアノの鍵盤を見ずに弾いて、子どもたちの顔を見ながら一緒に歌えるレベルまで練習する必要があります。絵本の読み聞かせも重要です。子どもの気持ちを絵本の世界に引き込むめるように、声色を変えたり、読むスピードを調節したり、時にはアドリブで歌を歌ったりします。人前で練習すると照れくささもなくなり、実技試験でも堂々と読み聞かせができます。 保育士の資格を取るために、実技試験への対策を考えておくことが大切です。

覚えておくと実践で役に立つこと

保育士の資格を持っていると、働ける場所はたくさんあります。資格を活かした仕事につくには、現場で役立つことも覚えておくと便利です。 小さい子どもたちがたくさんいるところでは、とにかく子どもの声で保育士の声は、なかなか通りません。皆で集まるとき、お話をするとき、歌を歌うとき、絵本を読むとき、お昼寝のときなど、集団生活の場ですので、節目節目で子どもたちに注目してもらう必要性が出てきます。そんな時に効果抜群なのが、手遊び・歌遊びというテクニックです。現場では、必ず、どの保育士さんもされています。手遊びや・歌遊びをしていると、子どもは自然と集まってきて、一緒にやり始めて、そのうち全員がそろいます。大声で集合をかけなくても、大丈夫なのです。泣いている赤ちゃんには、優しくわらべ歌を歌ってあげると落ち着くのか、泣き止むことが多く効果的です。 昔からあるものから、最近作られたものまで、手遊び・歌遊びの種類はたくさんあります。専用の本もあるので参考にして、いくつか自分のものとして習得しておくと、いざというときに役に立ちます。